じぶん更新日記・隠居の日々
1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2019年12月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmailYahoo人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫
ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせじぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter


【本日の話題】山陽女子ロードレース/関係反応と #関係フレーム をどう説明するか(49)専門書、入門書で取り上げられている事例(6)
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル |
 12月15日(日)は恒例の「山陽女子ロードレース」が開催された。岡山マラソンと同様、毎年ウォーキングを兼ねて観戦させていただいている。
  • 左上:10kmレース。
  • 右上:津島新野付近を通過する先頭集団。ゼッケン1が優勝したイギリスの選手。ゼッケン5は2位になった前田穂南選手。
  • 左下:前田穂南選手が2位でゴールするところ。
  • 右下:シティライトスタジアムのグラウンド。選手目線で見たゴール方向。
※昨年の記録はこちら

2019年12月15日(日)



【連載】関係反応と #関係フレーム をどう説明するか(49)専門書、入門書で取り上げられている事例(6)

 12月12日の続き。今回からは、2006年に出版された、

武藤崇(編)(2006)『アクセプタンス&コミットメント・セラピーの文脈―臨床行動分析におけるマインドフルな展開』(ブレーン出版)

を取り上げることにしたい。ちなみにこの本は刊行当時3400円であったが、現在品切れ状態となっており中古本市場では9500円以上の値がついている。関係者から聞いた話(←あくまで長谷川の記憶による)では、品切れ状態はどうやら出版社との「関係反応」に絡む事情によるもので、実質的な改訂版は、
武藤崇(編)(2011)『ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)ハンドブック 臨床行動分析によるマインドフルなアプローチ』(星和書店)

に引き継がれているようである。であるからして、入門書としては武藤崇(編)(2011)だけを読めば充分であり、古書店でわざわざ2006年版を買い求める必要は無かろうとは思う【投機対象としてなら別だが】。

 じっさい、2006年版と2011年版は構成は似通っているが、執筆者の異なる章もあり、読み比べて見ることで、当初の難解箇所がどのように書き直されたのかを読み比べることもできる。ちなみに、関係フレームに関する記述は2006年版では、

●武藤崇 「第2章 関係フレーム理論(基礎編1)〜言語行動,刺激等価クラス,そして関係フレーム

となっているのに対して、2011年版のほうは

●武藤崇 「第2章 言語行動とは何か』

という章の後半で、
  • 3. 刺激等価性クラスと「意味」の基盤
  • 4. 関係フレーム理論と「認知」の基盤
という節があるほか、

●木下奈緒子・大月友「第3章 関係フレーム理論―RFTとACTの「関係フレームづけ」を目指して

というように、より詳細な解説が行われているように見える。

 そうは言っても、やはり関係フレーム理論の説明は難しい。せっかくACTに興味を持った入門者がRFTの難解さで挫折しては元も子もないので、「RFTの基礎部分は読み飛ばし、まずは実践や体験を」という指導をしているという話を非公式に聞いたこともある【但し、私はすでに隠居の身であり、ここ2〜3年にどういう進展があったのかは把握していない。】

 次回に続く。



じぶん更新日記、私設アルバムサイトのカスタム検索
過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2017年 |010203040506070809101112
2018年 |010203040506070809101112
2019年 |010203040506070809101112

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼/2018年4月1日朝 123万2148アクセス
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置