じぶん更新日記・隠居の日々
1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典



07月のインデックスへ戻る
最新版へ戻る

 時計台前の芝地に咲くネジバナ。梅雨入り後、たくさんの花茎を伸ばしている。今年は、草刈りのタイミングが良かったことと、適度に雨が降って芝地の湿り気が保たれているためか、例年より殖えているように見える。


2019年7月02日(火)



【連載】

行動分析学用語(第3期分)についての隠居人的独り言(3)「強化子」と「弱化子」(1)

 昨日に続いて行動分析学用語(第3期分)の話題。今回は、リストの中の「提示型強化子」、「除去型強化子」、「提示型弱化子」、「除去型弱化子」といった訳語の中で使われている「強化子reinforcer」、「弱化子punisher」という言葉について独り言をつぶやくことにしたい。

 この話題は長谷川版の中の発展学習「好子と嫌子の呼称問題」でも取り上げた通りである。私自身は、自らが担当する「reinforcer」については「好子」、「punisher」については「嫌子」という呼称を使用してきた。それが唯一無二の最適の呼称であるかどうかは別に議論する必要があるが、とにかく、「強化子」や「弱化子」という呼称は望ましくないというのが私の持論である。

 その一番の理由は、

●「強化子」、「弱化子」という言葉を使ってしまうと、「強化子とは強化をもたらすもの」「弱化子とは弱化をもたらすもの」という誤解が生じる恐れがある。実際には、弱化子によって強化されたり、強化子によって弱化されることもある。「好子」や「嫌子」という呼称を使えば、行動の結果事象としての「好子」、「嫌子」と、行動の変容を記述する概念としての「強化」、「弱化」を明確に区別することができる。

という点にある。これに加えて、「好子」と「嫌子」を使えば、
  • 好子消失の随伴性による弱化
  • 嫌子消失の随伴性による強化
というように分かりやすく表現できるが、「強化子」、「弱化子」を使うと、
  • 強化子消失の随伴性による弱化
  • 弱化子消失の随伴性による強化
というように、「強化」や「弱化」が2回も使われてしまってわかりにくくなる。さらに、「阻止の随伴性」の表現に至っては、「好子」や「嫌子」を使えば、
  • 好子出現阻止の随伴性による弱化
  • 好子消失阻止の随伴性による強化
  • 嫌子出現阻止の随伴性による強化
  • 嫌子消失阻止の随伴性による弱化
というように4通りの場合を分かりやすく表現できるのに対して、「強化子」や「弱化子」を使うと、
  • 強化子出現阻止の随伴性による弱化
  • 強化子消失阻止の随伴性による強化
  • 弱化子出現阻止の随伴性による強化
  • 弱化子消失阻止の随伴性による弱化
となってしまって何が何やら分からなくなってしまう恐れがある。ちなみに、この「阻止の随伴性」というのは、形式的・論理的な組み合わせとしては確実に存在するが、実際には、ルール支配行動、あるいは別の形の直接効果的随伴性によって行動が変わる場合が多い(例えば、形式上の「嫌子出現阻止の随伴性」は実際には「回避」の原理に基づいて変容する)。

 というのが隠居人の独り言であるが、第一期分リストまで残っていた「好子」、「嫌子」という呼称は、第二期分リストから姿を消しており、どうやら、異端になりつつあるようである。最新の役員体制を拝見しても、各位の御著書の中で「好子、嫌子」を積極的に使っておられる研究者は極めて少なく、大勢は「強化子」、「弱化子」に傾きつつあるようにも思われる【←これも、あくまで独り言】。

 次回に続く。